フラット35という名前の住宅ローンの審査は?

フラット35という名前の住宅ローン最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり住宅の価値を重視して審査を行います。
住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、色々な面から審査されるそうです。
マイホームの購入を考えていらっしゃる方は多いと思います。
購入に当たり住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。
住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。
金利は契約を結んだ月のものを採用します。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。
住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。
契約終了には約3.
4カ月かかる事が多いです。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査を通過しないと住宅ローンは組めません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
リフォームに使える住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

フラット35審査甘い銀行は?年収基準!【自営業落ちた理由】